スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい過去最高払い戻し金 

2001年。
万馬券初当たりから3年が経っていました。
試行錯誤の上、ようやく予想法がカタチになってきた頃です。
この年は、4月の時点で万馬券が5本獲れていました。しかし、自分の予想法に半信半疑だったため、小額でしか賭けていませんでした。

(1ヶ月に1本当たるんなら、買い増しすればスゴイことになるんじゃないか)
注:ここでの買い増しとは、一定期間当たらなかった場合、賭け金を増やしていくという方法です。

…欲が出はじめると、途端に当たらなくなるんですよね。5,6,7,8月と不的中が続き、8月の終わりにはマイナス70万にまで膨らんでしまいました。
普通のサラリーマンには、きつい額です。
ただ、もうここまでやってるんだから後には引けない、という気持ちだけで賭けていました。

そして、9月8日。
ようやく的中。
448.4倍×1800円=807120円。

でも…結局差し引きちょいプラス。
過去最高払い戻し金なのに、なぜかうれしさは無かったです。ホッとしたという気持ちが強かったんでしょうね。
長い長い4ヶ月でした。

それ以来、買い増しは封印してます。

他の競馬blogも見てみる

「続きを読む」には、下をクリック。
2001年9月8日

2001年9月8日
中山6R 3歳未勝利
馬連3-10
配当44840円
1着10番 サンライトオペラ 牝3 
2着3番  グッドメーカー  牝3

この最高払戻金の記録は、現在も塗り替えられないまま。
今年もあと3ヶ月あまり。年内に帯封見てみたいけど、無理かなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mankenkazuma.blog24.fc2.com/tb.php/14-2050c169

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。